汗の匂いについて

汗のニオイ

食べ物によって臭いが強くなることがあります。
また、タバコや、ストレス、運動不足なども臭いを強くする原因があります。

汗くさいといわれるように、一般的に汗は臭いものと思われがちですが
汗そのものには、ニオイがほとんどありません。

汗が細菌によって分解されたときに生じる分解臭や、汗に含まれる成分が変化することによって生じる酸化臭が原因です。

人の皮膚には、「皮膚常在菌」という複数の細菌が存在し、皮膚が皮脂や垢で汚れていたり、温度が高く湿っていたりすると繁殖します。
とくに、汗には細菌のエサとなる皮脂やタンパク質が多く含まれているため、汗をかくと細菌が増殖しやすくなります。

細菌が増殖するとき、汗が細菌によって分解されることで「分解臭」が発生します。また、皮脂が汗の成分に含まれる鉄イオンによって酸化され、ツンとする「酸化臭」も発生します。
これらが、汗のニオイの原因となります。

「汗腺」には2種類ある

汗を分泌する「汗腺」には、「エクリン腺」と「アポクリン腺」の2種類があります。エクリン腺は生まれた時から全身にあり、一方、アポクリン腺は、思春期になると脇や外陰部などの特定の部位で発達します。

「アポクリン腺」からの汗はニオイが発生しやすい

エクリン腺からの汗は、主に体温調節を目的とした汗で、99%が水分です。
そのため、あまりニオイを発生しません。通常「汗をかいた」と感じる時は、エクリン腺から出る汗のことを指しています。
「アポクリン腺」は強い緊張や興奮などにより汗を分泌しますが、水分のほかに微量のたんぱく質や脂質、アンモニアなどを含んでおり、ニオイを発生しやすいという特徴を持っています。
いわゆる「ワキガ」はこのアポクリン腺の汗が主な原因です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする